Japan Works ~こんにちわ~

menu

よくある質問


よくあるご質問を掲載しております。
質問をクリックすると回答が表示されます。

こちらに知りたい内容が無い場合は、お問い合わせくださいませ。

Q1自分が勉強している大学や学部に関わらず、好きな企業が受けられるって本当ですか?
Aそうです。日本では、通っている大学・学部にかかわらず、自分の好きな企業を受けることができるのです。母国だと、通った大学や学部で就職先が決まってくるのが普通だと思います。
けれど日本の就職ではそういった制限がなく、自分が働きたいと思った企業で働くことができるんです。もちろん自分ができることを仕事にするのは当然ですが、日本は自分に合っていると感じた企業や職種にチャレンジすることができます。
ただ、留学生の場合は就労ビザを取得しなければいけないので、日本人とまったく同じ条件で企業が選べるわけではありません。
例えば、文系の学校に通っている学生はエンジニアなど理系の仕事に就く事は難しいです。ですが文系の職種であれば、どの業界でも応募可能です。

Q2日本語能力検定1級を持っていると就活が有利になりますか。
Aもちろん有利になります。ですが、持っていても、持っていなくても、面接でのコミュニケーションが一番重要視されます。
資格を持っていなくても、普段日本人とよくコミュニケーションをとっていて、日本語が上手な留学生や外国人の方がいます。そういった方は人事担当者の方に自分の考え方をしっかり伝えることができるので面接の通過率が上がりますね。

Q3日本でずーっと働きたいわけでは無いんですが…
A1年や2年など短い期間日本で働いて、母国に帰って同じ会社の現地法人で働ける会社もあります。
NSAにある求人は日本でずっと働く仕事ばかりではないです。母国に戻って働ける仕事もあるので、そういった働き方をしたいとしっかりNSAのエージェントに伝えましょう!
過去には飲食店に就職して、日本で3ヶ月だけ働いて、仕事を覚えたら現地で店のオーナーとして働くという人もいました。母国で責任のある仕事を任せられるというのはうれしいことですね。

Q4外国人である自分たちが働きやすい環境は準備されているのですか?
A外国人の採用実績がある企業は、外国人に対して抵抗なく受け入れてくれる企業なのは想像できると思います。
ですが、外国人採用が初めての場合でも、企業が外国人を歓迎している・準備もしっかりしている企業もたくさんあります。逆に外国人の受け入れを今までしていたとしても、準備が不十分の企業もあります。
そういった環境の場合、外国人の新入社員側の自分たちで環境を作っていくという積極性もあるとより良いのではないでしょうか。環境に馴染む努力も、環境を作っていく努力も、日本の企業に限らずどの国の企業でも求められるのではないでしょうか。

Q5残業がたくさんあるって聞きました。残業はしなくちゃいけないんですか。
A残業は、「その日のうちにやらなければならない仕事」の場合はしなくてはなりません。
「日本人は勤勉」というポジティブなイメージがある一方で「働きすぎ」というイメージもあるため、勤務時間を気にする方が多く、こういった質問は良くあります。
「上司が帰ったあとでないと帰ってはいけない」などの強制的な残業は、そういった決まりがあるわけではなく、自分の上司が仕事を抱えているので少しでも手伝いをしたい・抱えている仕事を皆で分担して終わらせる、などと言った「心遣い」の一つです。
日本人の社会人にとって、その心遣いが常識と言われています。
留学生採用を考えている企業というのは、海外事業を行っているような成長企業が多いため、「その日のうちにやらなければならない仕事」が多く存在しています。残業をなぜしなくてはならないのかを考えて、
会社や周りの社員・上司ことを考えた行動であると思うと残業の認識は変わってくると思います。

Q6家賃負担してくれないんですか。
A日本の企業はでは家賃手当は支給されないところが多いです。 ボーナスや昇給やそれ以外の手当があり、自分の貰える給与と住む場所を考えれば問題なく生活できます。
日本人は家賃+会社までの交通費を最初の給与の2/5ほどの金額ほどに設定します。その金額以上の家賃は生活が苦しくなってしまいますので注意してください。

Q7なぜ卒業する前から就職活動をしなければいけないの?
A卒業してから就職活動を行うのは海外では普通ですね。ですが、日本では大きなデメリットがあります。
毎年就職活動を始めることが遅れてしまい、就職活動に苦労して多くの方が母国に帰ってしまっているのが現実です。つまり、「就職活動は早く始めたほうが有利」なのです。
次に、就職活動中を早く始めたほうがいい理由について記載します。

Q8応募できる企業の数が違う!
A日本の企業は採用活動の時期が決まっているので、卒業前でないと入社することができない企業がたくさんあります。特に外資系などは4年生の春に、日本の大手企業は4年生の秋には採用を終了しています。
つまり、就職活動が始めるのが遅いだけで応募できる企業の数が減ってしまいます。。。

Q9就職活動には「慣れ」が必要!
A日本の選考は独特で面接だけではなく「エントリーシート」「適性検査」「グループワーク」など様々な試験を合格しなければいけません。また、面接に関しても「自己分析」「企業研究」などが必要です。
最初から就職活動が上手くいく人は一人もおらず、実際に経験していくうちに慣れていくものです。だからこそ、早い時期から始めないと、慣れたころにはほとんどの企業が募集を終了している。。。なんてことになりかねません。
早い段階で就職活動を初めて、経験を積んでいきましょう。

Q10卒業してからの就職活動は不利!
A卒業してからでも応募できる企業は存在します。ですが、人事からすると優秀な人ほど早く就職活動が終わると考えており、「卒業するまでに就職活動が終わらなかった人=優秀ではない人」と見てしまう傾向があります。
(研究が忙しくてどうしても就職活動ができなかった人は別です)
ですので、既に卒業した人より、1学年下の現在就職活動中の人の中から採用したほうがいいと考えるため、卒業してからの就職活動はとても不利です。そこで人事を納得させる理由が説明できればOKですが、実際なかなか難しいです。